暴れゴリラ2忍法帖

現役女子高生未亡人が日々を綴ります

panpanya先生に影響されて始めて日記を始めてみました

我はホワイト

私はいつも白いYシャツ+白いズボンという怪盗キッドみたいな服で出社している。 同僚たちはみんな「なんで白いの?」と聞いてくるが、特段の理由はない。 黒ズボンのポケットがことごとく破れてしまったから、ポケットが破れてない白ズボンを履いているに過…

バーバーリアンパパ

散髪屋に行ったとき、子供が「髪を切りたくない!」と駄々をこねていた。 付き添いで来ていたお母さんは困り果ててしまい、「それだったら家でパパに切ってもらうよ!パパは散髪下手だからすごく痛いよ!」と脅すことで子供をおとなしくさせていた。 散髪が…

「せっかく」使いの一日

私の勤める会社の食堂では日替わり定食が提供されている。 というか、日替わり定食しかメニューが存在しない。 昨日は創業記念日の特別メニューでステーキ定食が食べられた。 しょせん500円のステーキ定食だからペラペラの薄いステーキなのだが、いつもとは…

私は健康になると不幸せになるのかもしれない

最近、会社の自販機で「ビタミンレモン」という飲料を好んで飲んでいる。 酸っぱさの中にほのかな甘味があって美味しい。 昔はこの手の健康飲料があまり好きではなかった。 自然の摂理に背いている気がするし、何よりあまり美味しくないイメージがあったから…

バカの飲み物

私はドデカミンストロングが好きだ。 ほかのエナジードリンク系飲料に比べて一回りバカっぽい雰囲気が気に入っている。 まずネーミングがバカっぽい。 「オロナミンC」はなんかケミカルな知性を感じさせるし、「モンスターエナジー」は只ならぬパワーを感じ…

餃子時空の反復横跳び

私は会社の寮に住んでいる。 家賃が安いのはありがたいのだが、高級住宅地のど真ん中という立地はいただけない。 住宅地は飲食店が少ないので、私のような自炊が嫌いな人間にとっては食の楽しみが大いに制限される。 そんな高級住宅地の中に存在する唯一の飲…

嘘の由来ゲーム

最近、同僚たちとともに「嘘の由来ゲーム」という遊びに熱中している。 「様々な名前の由来を即興ででっちあげる」というだけの単純な遊びである。 そんなものの何が面白いのかと問われると説明が難しいのだが、即興で由来を考える脳トレ的な部分と、嘘の由…

私と彼

ゴールデンウィークの退屈を紛らわす散歩の最中、「自分を客観視する自分」の存在を久しぶりに感じた。 彼は大学生くらいのことは常に私の傍らにいたような気がするのだが、いつの間にかスッカリご無沙汰であった。 久しぶりに再会して、「そういえばこんな…