暴れゴリラ忍法帖

現役女子高生が日々を綴ります

関西大学学歌って知ってますか?

こんにちは。

現役女子高生の突撃類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、関西大学学歌ってご存知ですか?

関西大学学歌とは、私の十八番です。

 

以前の記事でも書きましたが、私はライフル射撃部に所属していました。

銃検って知ってますか? - 暴れゴリラ忍法帖

 

私の学校は強くもないけど弱くもないくらいの実力で、個人戦でエース級選手がたまに入賞するけど団体戦で表彰台に乗るのは難しいという、桜木や流川が入部する前の湘北学園みたいなポジションでした。

強豪校の壁は厚く、ついぞ団体戦で表彰台に乗ることができませんでしたが、強豪校を追い落とすために一生懸命練習した日々は私の人生の中で最も輝いていた日々かもしれません。

ウンコを漏らした経験もかなり強い闇の輝きを放っているので、どっちが輝き度一位かは悩ましいところですが…

男の戦いって知ってますか? - 暴れゴリラ忍法帖

 

ライフル射撃の学生大会では、表彰式の際に団体戦で優勝した学校が学歌を斉唱するという恒例行事があります。

私の時代は団体戦では関西大学がとても強かったので、この行事は実質的に関西大学のカラオケイベントと化していました。

あまりに何度も関西大学の学歌を聴くことになったので、3年生になったころには私のチームメイトたちはスッカリ関西大学学歌を覚えてしまい、閉会式では関西大学と一緒に学歌を歌うという意味不明な伝統が生まれていたのを覚えています。

この伝統は最終的に、団体戦で勝てないぶん学歌では勝つ!という江戸の敵を長崎で討つ精神に昇華され、関西大学を超えるボリュームで学歌を歌うのを目指すレベルに到達します。

大会運営事務局にこの企みを察知され、「閉会式でふざけたら出場停止にする」という訓告を受けたので流石に自重しましたが…

 

そんな私たちですが、実は一度だけ団体戦で優勝しかけたことがあります。

実力ではなく、大会の日が記録的猛暑で強豪校の選手がことごとく熱中症で倒れたからです

最初は「あれ?俺たち優勝できるんじゃね?」と情けない歓喜に沸いていましたが、ある男のこの発言により空気は一変します。

「俺たちのチームって優勝するの想定してないから誰も学歌覚えてなくない?閉会式のカラオケどうすんの?」

 

私たちは一気に絶望ムードに包まれました。

ただでさえ、「閉会式でふざけたら出場停止にする」という訓告を受けたことがある状況で、閉会式に泥を塗るのはまずい…

阿鼻叫喚の中で「今から全力で学歌を暗記しよう」「運営事務局に事情を話して勘弁してもらおう」「いっそ関西大学の学歌を歌おう」など様々な意見が飛び交いましたが、結局私たちは準優勝に収まり、この心配は杞憂に終わりました。

優勝できなくて胸を撫でおろすという、地殻を突き抜けてマントルに突入するくらいの意識の低さがあらわになりましたが、こんなんだからいつまで経っても強豪校に実力で勝つことはできなかったんだと思います

皆さんも、お友達にこのブログを教えてあげて、私の意識上昇と広告収入に貢献してくださいね。