暴れゴリラ2忍法帖

現役女子高生未亡人が日々を綴ります

光るエロ本って知ってますか?

※OPテーマ

 

こんにちは。

現役女子高生未亡人の突撃2類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、光るエロ本ってご存知ですか?

光るエロ本とは、竜が生まれた日です。

 

みなさん、私にどういうイメージを抱いていますか?

おそらく多くの人が童貞界のブルーアイズ・ホワイトドラゴンというイメージを持っているのではないでしょうか。

出会いがない、異性に興味がないなど特殊な事情があるわけでなく、純粋に顔・性格・金という魅力三拍子が滅んでいるだけで童貞を守り通す姿は、最強の通常モンスターであるブルーアイズと同じ誇り高さがあると言えるでしょう。

 

ところで、童貞っていつから童貞なんでしょうか?

「そりゃ生まれたときはみんな童貞で、性交渉を経験したら童貞じゃなくなるんだろ」と思った方は、私の言いたいことをサッパリ理解できていません。

まぁ…あなたたちのような社会的地位も人望もある非童貞じゃわからないかもしれませんね…この領域(レベル)の話は…

 

私は魂の話をしています。

幼稚園児に向かって「えーマジ童貞!?」「キモーイ!」と性のマウントを取るような人はいません。

いるとしても、異常な性風習が残っている閉鎖的な村の出身者くらいでしょう。

もしあなたの周りにそういう人がいれば、ウッカリその人の村について行かないようにしましょう。

天狗の面をつけた長老や村の若い衆に取り囲まれて淫猥な儀式の供物にされる可能性がありますから。

 

話が少し逸れましたが、幼稚園児を童貞だとバカにする人がいないのは、幼稚園は性別意識がなく、童貞としての魂を獲得していないからです。

言うならば、幼稚園児は童貞に対して童貞というわけです。

 

では、性別もへったくれもない平和な少年期から、異性の目という名の銃弾が降り注ぐ戦場を生きる童貞期にシフトするのはいつなのでしょうか。

私は、エッチな夢を初めて見たときだと思っています。

夢で見るほどの異性への興味。

それこそが、童貞という血を吐きながら続ける悲しいマラソンを走り始める条件なのです。

 

私が童貞坂を垂直登坂し始めたのは中学2年生のときです。

私は今でこそ受信メールがエロ動画配信サイトの広告で埋め尽くされている系男子ですが、当時はウブなシャイボーイで、性的コンテンツにほとんど触れてはいませんでした。

 

 

そんな私が初めてみたエッチな夢は、「ゴミ捨て場でエロ本を拾う」という、リアリティ重視のシチュエーションでした。

 

夢の中で私はゴミ捨て場に捨ててあるエロ本を発見します。

都合よく周囲には誰もいません。

「今しかない…!」

夢の中の私は意を決してエロ本を開きます。

 

しかし、その瞬間太陽が強く輝き、エロ本が反射光で見えなくなったのです。

このときばかりは太陽に殺意を覚えました。

人生史上最もスケールのデカイ殺意だと思います

 

私は必死に反射を掻い潜ってエロ本を読もうとするのですが、人が来たのでついぞ中を見ることは叶いませんでした。

エロに対して強い憧れがありつつも知識不足から具体的なイメージはできない。

童貞の幕開けとしてこれほどふさわしい夢はそうそうないでしょう。

竜は生まれた時から竜

私が童貞界のブルーアイズになるのはこの瞬間から運命づけられていたのかもしれません。

私はこの過酷な運命を受け入れて強く生きいく所存ですが、それはそれとしてこの運命から救ってくださる女性も募集しておりますので、ボランティア精神があまり行かない店のポイントみたいに有り余っている女性はご一報ください。

また、皆さんも、お友達にこのブログを教えてあげて、私の広告収入に貢献してくださいね。