暴れゴリラ2忍法帖

現役女子高生未亡人が日々を綴ります

最強キャラって知ってますか?

※OPテーマ

 

こんにちは。

現役女子高生未亡人の突撃2類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、最強キャラってご存知ですか?

最強キャラとは、仮面ライダーBraackRXです。

 

これは有力な筋からの情報なのですが、男子っておっぱいと最強キャラにしか興味ないらしいです。

ただ、残念ながら僕はおっぱいについては保健体育の授業で習ったレベルの知識しか有していません。

聞いた話では、インターネット族は常に叩く獲物を求める血に飢えた蛮族とのこと。

実学の伴わない机上の知識だけでおっぱいを語るのは、インターネットにおいては自殺行為と言えるでしょう。

 

ですので、今日は最強キャラについて語ります。

世界最強の傭兵としてブイブイ言わせる妄想を毎晩寝る前にしていているので、最強キャラなら実学もバッチリです。

最近は妄想と現実の境目が曖昧になってきて、気が付けば会社にYB団(妄想の中で私が戦っている組織)が攻めてきたときにみんなを守りながら戦う方法とかを考えるようになってきているので、実力以外はほぼ世界最強と言って差し支えないでしょう。

 

実際のところ、最強キャラ議論はネット上で頻繁に交わされてきていて、ほぼ100%荒れるネタとして知られています。

結局のところみんな自分の好きなキャラを最強に祭り上げたいので、急進派の野球ファンが自分の贔屓球団以外をボロカスにけなすのと似たような展開に終始してしまうのが常です。

 

最強キャラ議論はそんな冥府魔道なので触れないのが吉なのですが、あえて私が最強だと思うキャラクターを挙げるとすれば、仮面ライダーBrackRXです。

f:id:destroygorilla:20190320224536p:plain

 

RXの何が強いって、ピンチになるたびに「そのとき不思議なことが起こった」っていうナレーションが流れて、なんか奇跡的なことが起こって勝利するんですよね。

劇中でも敵組織(クライシス)がRXをめちゃくちゃメタった作戦を展開しまくるんですが、そのたびに奇跡で切り抜けていました。

変身ベルトを破壊されたうえに宇宙空間に放り出されても普通に生還するうえに、ついでにパワーアップ形態まで獲得してくるヒーローはこの人くらいのものでしょう。

 

実際の最強キャラ議論でもRXは「なんか何やっても奇跡で生還しそうだから」という議論もへったくれもない小学生の口論みたいな理由で挙げられています。

例えば「歴史改変攻撃に対抗できるか」という視点での議論で、劇中で実際に対抗した描写があるという理由で仮面ライダーカブト仮面ライダー電王が最強候補として挙げられている中、RXも「なんとなく効かなさそうだから」というロジカルに中指を立てるような理由でノミネートされてました。

この相手に「なんとなく」と思わせる凄みがRXの魅力です。

私も「なんとなく歴史改変に対抗できそうなブログ」として最強ブロガー論争に参加できるよう頑張りたいと思いますので、皆さんもお友達にこのブログを教えてあげて、私の広告収入に貢献してくださいね。

開催!暴れゴリラ杯って知ってますか?

※OPテーマ

 

こんにちは。

現役女子高生未亡人の突撃2類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、開催!暴れゴリラ杯ってご存知ですか?

開催!暴れゴリラ杯とは、私の最後の一仕事です。

 

みなさんお待ちかね!

今年も暴れゴリラ杯の季節がやってまいりました!

 

暴れゴリラ杯は今まで突撃類人猿や、突撃2類人猿といった名だたるブロガーを輩出してきた名誉ある賞で、芥川・直木と並んで三大文学賞の一つに数えられています。

授賞式では毎年文部科学大臣がゴリラにちなんだありがたい話をすることでもお馴染みです。

 

また、芥川・直樹が純文学賞であるのに対し、暴れゴリラ杯は文学賞と言われています。

競うのはいかに反社会的文章を書けるかの一点のみ。

わかりやすく言うと、「数多の思惑を乗せて走る電車は、アイロニーにまみれた箒星のようであった」と書くのが純文学、「電車って人多すぎるので、乗客全員ぶっ殺したくなりませんか?ついでにその親族に殺害の瞬間のビデオレターとか送りたくなりませんか?」と書くのが剛文学です。

つまり、いつもこのブログで書かれているような公安にマークされそうな文章を書けばOKと言うわけです。

 

審査員はは僭越ながらこの私、突撃2類人猿が務めさせていただきます。

法に触れない思想犯という異名を持つ私が厳正に審査しますので、皆様も存分に社会に中指を立ててください。

ただし、賞に応募するにあたり法的問題を発生させた場合は失格とさせていただきます。

犯罪スレスレがこの賞のモットーです。

 

最後に、みなさまが最も興味を持っておられるであろう賞品についてですが、なんとこのブログの管理権をあげちゃいます!

優勝者の方は、これからこのブログを好きにしてくれてOKです!

文章を書くスタイルを続けるもよし、エロ自撮りをアップロードするブログにするもよし。

あなた色にブログを染め上げちゃいましょう。

 

募集締め切りは、私がこのブログに飽きて辞めたくなったときまでとします。

辞める際に優勝者の方にこのブログを継承するという形で賞品はお渡しさせていただきます。

応募フォームとかを作るのはめんどくさいので、応募したいという方はコメント欄にでも書いといてください。

文章じゃなくてエロ自撮りも歓迎です

皆さんも、お友達にこのブログを教えてあげて、私の後継者探しに貢献してくださいね。

下ネタ漫画の蟲毒って知ってますか?

※OPテーマ

 

こんにちは。

現役女子高生未亡人の突撃2類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、下ネタ漫画の蟲毒ってご存知ですか?

下ネタ漫画の蟲毒とは、私の本棚です。

 

最近、社員寮が移転しました。

それに伴い私も転居することになりました。

引っ越すにあたり、本棚に入りきらないから床に直に積まれてて、ぐしゃぐしゃの地層みたいになっていた大量の漫画も整理するのはなかなか骨が折れる作業でした。

 

新しい寮にはオシャレな公共スペースがあります。

みんなでゲームができる大きなテレビやテーブル、さらに速水もこみちが使ってそうなしゃらくさいキッチンなど、寮の社員たちがここに集まって交流することを望んでいるようです。

 

私は、とりあえず体制には反対するという思想の無い学生運動のような害悪ムーブが得意技なので、いつもなら会社の思惑からは無意味に外れたがるのですが、共有スペースでの交流は大賛成!

ですので、家を広く使えることを期待して 純粋に善意から、共有スペースに漫画を寄付することを申し出ました。

我が家には漫画が719冊あるので、集客に大いに貢献できるはずです。

 

ちなみに、漫画の冊数が妙に正確なのは、部屋に漫画が溢れかえり過ぎてて蔵書を把握できなくなっていたため、引っ越しにあたり全部リスト化したからです。

リスト化した結果、買ったはいいけど地層に埋もれてて読んでなかった本(ディオニティマニュアル2巻)が存在したり、らいか・デイズの21巻が2冊あるのに20巻が1冊も無かったりしたことが発覚しました。

私の中で漫画は、シーモンキーみたいに勝手にワラワラ増える存在なので、あんまり真面目に管理してませんでした。

 

とにかく、私の家には漫画がたくさんあって 邪魔 私ひとりで読むにはもったいないくらいなので、公共スペースはうってつけの置き場所。

私の部屋は広くなるし、みんなは漫画を共有できて楽しめるしで、これぞwin-winの関係というものでしょう。

誰かがwin-winとか言い出した場合、言い出した奴のwinのほうが強くて全然公平じゃないというのが世の常ですが、今回の状況は完全にwin-winです。

これだけwin-winならトランプと習近平でも手を結ぶでしょう

 

ただ、改めて家の漫画を見渡してみると、尽く下品なんですよね。

本棚を見るだけで、私が日夜お下劣ブログを更新してると推察することができます

 

私は定期的に実家に漫画を持って帰っているので、必然的に自分の家に残るのは「家族には見せられないけど面白いから手放したくない」と判断された高品質低品性漫画ばかりになるんですよね。

知らないうちに、私の本棚は下ネタ漫画の蟲毒になっていたようです。

寮には女子社員や会社とは無関係な入居者もいるので、私の本棚を公共スペースに移設すると確実に何らかのハラスメントになります

残念ながら、寮民を漫画漬けにして支配下に置くという、公共スペースのアヘン窟化計画は中断せざるを得ないようです。

大人しく、インターネットを通じて多くの人間をブログ漬けにして支配下に置く計画に戻りたいと思います。

皆さんも、お友達にこのブログを教えてあげて、私の広告収入と支配領域拡大に貢献してくださいね。