暴れゴリラ忍法帖

現役女子高生が日々を綴ります

正義って知ってますか?

こんにちは。

現役女子高生の突撃類人猿と申します。

 

突然ですが皆さん、正義ってご存知ですか?

正義とは、X先輩です。

 

私は大学時代、ワルでした。

極力勉強せずギリギリで単位を取るのを至上とする、安く買った服を自慢する大阪のおばちゃんみたいな価値観で生きていたのです。

ですから、授業をサボるなんて日常茶飯事。

勉強もせずに大学生協に行き、見本品のアイパッドに初期インストールされたジャンケンと同程度しかゲーム性がないクソつまらん音ゲーのハイスコアを更新し続けるという暇をこじらせすぎた日々を送っていました。

このころの私は「大学生協アイパッド音ゲーができるうえに本屋や食堂まで入ってるから、実質総合レジャー施設」という、総合レジャー施設に行ったことないのが丸出しの妄言を吐いたりする穀潰しバカ一代だったのです。

 

そんな私を変えてくれたのがX先輩です。

X先輩は熱血を絵にかいたような人で、勉学にも人一倍真剣に打ち込んでいました。

そんな彼の姿に心を打たれ、私も「ちょっとくらい勉強しないとなぁ」と改心することができたのです。

(改心したはいいけど、今までサボりすぎてたせいで進退窮まり、結局各方面にペコペコしまくることで卒業することになったのはまた別の話です)

 

また、熱血なX先輩は、下半身も熱血でした。

彼女に振られそうになっていたときHの超絶テクを披露することで気持ちを繋ぎとめたという武勇伝や、「俺はプールには行かない。目の前にオッパイがあったら揉まないわけにはいかなくなるからだ」という痴言など、女性関係のエピソードには事欠きません。

私はモテなさすぎて気が狂っていますが、モテすぎても気が狂ってしまうということを教えてくれた偉大な方です。

 

色々な意味で凄い方だったX先輩ですが、私が彼を尊敬してやまないのは、彼が正義を体現していたからです。

先ほど申しました通り、X先輩は異性に対し異常に興味深々です。

そんな彼ですから、ポルビ(ポルノビデオ)にも精通してると思うのは自然な発想でしょう。

しかし、意外なことに、彼はポルビをほとんど見たことがないというのです。

当然、私はその理由を聞きました。

彼の答えはこうです。

「だってポルビって法的にグレーって聞いたことあるし…」

 

 性への関心が人一倍強いのに、それを上回るほどの遵法精神

これって、ド級の正義じゃありませんか?

「法的にグレーって聞いたことがある」とかいう曖昧な根拠で自分を律することができるのは、鉄の意志と鋼の強さがあるとしか言いようがありません。

私は彼ほどの性豪を見たことはありませんが、それ以上に彼ほど意思が強い人間を見たことがないから、彼を尊敬しているのです。

皆さんも、お友達にこのブログを教えてあげて、強い意志を持って広告収入を得ようとしている私を応援してくださいね。